山岳写真のトップカバー作品館

山岳写真の鈴木菊雄館表紙に使用した、作品解説や山岳情報です。

掲載期間:2018年4月〜


 残雪の山稜(2018年5月の表紙) 
北アルプス・蝶ケ岳 5月上旬

 
 北アルプスの稜線では長い冬から目覚めて、初夏への衣替えが一気に進む。
山稜に這うように生きるハイマツは、夏は身を引くして強風に耐え、冬は雪の
衣にくるまれて季節の訪れを待っている。
一昔前はゴールデンウイークでは未だ雪に埋もれていたが、暖冬の影響で
融雪がかなり早くなってきた。
遠景の槍ヶ岳の稜線や沢では未だ雪に覆われている。





 雪嶺K6 (2018年8月の表紙) 
カラコルム・
K7氷河にて撮影

 

インド測量局がカラコルム山脈を測量した際に、測量番号6番目からK6
(カラコルム
6)と命名。パキスタン西北部のスカルドから未舗装道路をジープで1日・歩行2日目氷河とモレーン地帯のチャラクサ氷河源流域左岸に聳える雪嶺である。
朝陽に輝く雪稜は周囲の高峰を圧倒して美しいが、簡単には登山者を寄せ付けない
厳しい風貌がある。
山と溪谷社・世界の山カレンダー2018年の8月に掲載された。







 秋色の朝日岳(2018年10月の表紙)
那須茶臼岳登山コース 10月上旬 

 
 栃木県北部、福島県との県境の那須連峰にある朝日岳、那須温泉最奥の
大丸温泉より稜線の峰の茶屋に向う。何時も風が強い。
日が昇るにつれて北側の斜面には、クマ笹の緑と紅葉のコントラストが美しい。
西側の姥ケ平からは茶臼岳の噴煙を背景にした紅葉の名所、歩行時間分ほどで
三斗小屋温泉の秘湯がある。






 朝陽に染まる宝剣岳(2019年1月の表紙)
宝剣岳と伊名前岳の稜線より 1月上旬 

 
元旦の黎明前に中央アルプス・宝剣岳山荘を出発、伊名前岳への稜線に向う。
岩陰でも強風を避ける場所は少なく、片手で三脚を支えながら日の出を待つこと暫し
対面の宝剣岳が荘厳な朝陽に染まり始める。
夢中で数枚のシャッタを切り、フイルム交換をしようとカメラザックに手を伸ばした瞬間
強風で三脚ごと近くの岩場に倒れた。
無残にもフイルム巻き上げ部に直撃したショックで撮影続行出来ず、最後の作品となった。












 







山岳写真の鈴木菊雄館トップへ
  
inserted by FC2 system